マンションの騒音トラブルを解決できます!!


 マンションの騒音は、多発するトラブルの一つです。
例えば、階上の子供たちのドタバタ音・カラオケ音・ニューサンス(騒音・悪臭)などが原因で発生します。
簡単に解決しない場合、裁判・訴訟・調査などが必要になるケースが多くなっています。

  では、マンションの騒音トラブルに対し、何をすることができるのでしょうか?

  本サイトは、解決の第一歩となる知識・知恵を説明しました。

  ここで「裁判」は、民事裁判、つまり、人と人との間のトラブルを解決する裁判です。
  命が危ない・物が盗まれた・家が暴力行為で壊されたなど、警察の執行力を必要とする「裁判」ではありません。
  民事裁判は、この刑法などで決められた刑罰を与える判断を求める刑事裁判とは異なっています。
  つまり、マンションの音のトラブルのように階上の住人と問題を話し合いで解決するような裁判です。

 説明は、主に法律(民法・区分所有法)に基づき、裁判所の判決からポイントを指摘しました。

1.裁判  代表的な騒音の判例を説明し、何が争点だったのか、明らかにしました。


  (1)騒音に対する「受忍限度」とは
  (2)音の程度を数値で示し、不法行為を証明するには
  (3)マンションの「防音性能」を確認し、損害賠償請求するには
     >>>詳細は「裁判 」記事を参照願います。

  なお、参考テキストは、次のリンクで確認できます。
   Amazon マンションの判例の解説
  また、「騒音計」で測定でき、裁判に証拠として提出できます。
   Amazon 「騒音計」 

2.訴訟  訴えに勝つために何をする必要があるのか、明らかにしました。


  (1)受忍限度を確認していますか?
  (2)争いの相手が不誠実ですか?
  (3)音が日常的に発生していますか?
  (4)あなたは、精神的苦痛を明確に証明できますか?
     >>>詳細は「訴訟 」記事を参照願います。

3.調査  騒音問題を争うために、何を調査するのか、明らかにしました。


  (1)音が一般的な社会生活上の「受忍限度」を超えていますか?
  (2)防音対策を施されたマンションですか?
  (3)床の材質を確認しましたか?
  (4)音は、どこから聞こえますか? 証明できますか?
     >>>詳細は「調査 」記事を参照願います。

  なお、「騒音計」で測定でき、裁判に証拠として提出できます。
   Amazon 「騒音計」 
  また、参考テキストは、次のリンクで確認できます。
   Amazon マンションの判例の解説

4.トラブル  音の発生原因を説明しました。


  (1)マンションの建物が原因の場合
  (2)マンションの住人のニューサンスが原因の場合
  (3)マンションの周辺が原因の場合
     >>>詳細は「トラブル 」記事を参照願います。

5.警察  音の問題は、警察に通報すると解決できるのでしょうか?


   ※ 単に住民間のトラブルの解決を求める場合、原則として、警察は出動する義務がありません。
  (1)警察に通報する前にすることがあります。
     1)音の原因と思われる相手と対策を話し合いましたか?
     2)管理組合がある場合、相談または目安箱に音の苦情を投稿できます。
     3)騒音計で音を計測しましたか?
  (2)和解やADR(裁判外紛争解決手続)で解決する場合があります。
  (3)暴力などの場合
     >>>詳細は「警察」記事を参照願います。

マンション 騒音 解決できます! Home へ
 マンション騒音トラブルには、受忍限度・騒音の数値・マンションの防音性能などを確認しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。